お笑いタレント①

ここでは、お笑いのタレントオーディションについてご紹介する。

お笑いのタレントオーディションは非常に狭き門である。

また、狭い門をくぐり抜けて見事合格したとしても、そこから本当に芸能界で活躍できるようになるにはその後にもまた狭き門がある。

一番初めにタレントに憧れたという段階からの人数を数えたら、実際にタレントとして活躍している人の割合・確率というのはおそらく天文学的な数字になると思う。

それだけお笑いタレントになって活躍しているのはごく一部の人ということになる。

お笑いタレント②

大阪では小学校や中学校などで人気者になる子は面白い子である。

スポーツ万能な子や成績が優秀な子ではなく、お笑いのセンスがある子である。

そんな子供に対して大人は「オモロいから吉本入ったらどうや」という。

大阪人には「面白い子→吉本に入れる→お笑いタレントとして成功できる」という図式が成り立つようである。


大阪には明日のお笑いスターを夢見る若い人がたくさんいて、ものすごい努力をしてお笑いの舞台に上がることを目指している。

漫才の練習をすることで有名な公園があって、そこでは若いコンビが壁に向かって毎日漫才をしている。

有名な多数の漫才コンビがこの公園で練習して巣立って行ったという歴史もあって、練習にはものすごく熱が入っている。

昔に比べると、今はM-1グランプリのように実力を評価できる場所があるので、彼らにとっては励みになるものが多く、いつかは実力で大物になってやるというモチベーションは非常に高いようである。

関連エントリー

オーディション情報-タレント・子役・俳優 TOP >  タレントオーディション  >  お笑いタレント

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

オーディション情報-タレント・子役・俳優をMy Yahoo!で購読する
オーディション情報-タレント・子役・俳優をGoogle readerで購読する
オーディション情報-タレント・子役・俳優をlivedoor Readerで購読する
オーディション情報-タレント・子役・俳優をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo